2010年02月07日

「超あがり症の私でもセミナー講師ができるようになったノウハウ」 おおしろ源太 口コミ




詳細はこちらをクリック


agarishokokufuku.GIF




あなたの心の問題は、心の専門家集団をご利用ください。

人と話すと必要以上に緊張してしまい、何も話せなくなり、手足が震え、会社では無能扱いされ、緊張グセがつき、マイナス思考が頭をグルグルまわり、電車に乗るのも緊張してしまい、出社できなくなった経験を持つ、おおしろ源太さんが、今では、セミナー講師、司会・運営をできるようになった究極の方法、「超あがり症の私でもセミナー講師ができるようになったノウハウ」


あがり症、不安感、マイナス思考を克服しなくても、生きていけます。
生きていけますが、あがり症・不安症・マイナス思考でない方と比べると圧倒的に「ストレスフル」な生活を強いられます。

それだけなら、まだいいのですが、「あがり症」は、「あがり性」とは明らかに違うのです。

「あがり症」と「あがり性」は同じように「あがりしょう」と読みますが、具体的にどう違うのでしょうか?

「あがり性」は、人前で顔が赤くなる、手が若干震える、発表のとき緊張する。ですが、「しょうがないな」と苦笑いしながら、うまくできなくても実際に最後までやり遂げることができ、なおかつ、次の依頼も怖くないという定義ができます。

一方、「あがり症」は、
・最後までやりとげれないことがある(いわゆる頭が真っ白になるという経験)
・やりとげられても、次の依頼は絶対に受けたくない
・以前と似たような場面に遭遇すると逃げ出したくなる
・その苦い経験が、ときおり頭をよぎり、ブルーな気持ちになる
・赤面や手の震え、声の震えが気になってしょうがない
・ひとつの失敗にこだわってしまう
・突然、言いようもない不安感に襲われることがある
上記のひとつでも当てはまれば、「あがり症」です。

「あがり症」は、体からの危険信号のサインです。
単なる「あがり性」だと思っていたら、本当につらい思いをするかもしれません。

「あがり症」は、
・抑うつ状態
・パニック障害
・社会不安障害
・恐怖症
・不安神経症
の予備軍、もしくはもうすでに発症している可能性があります。

欧米では、いわゆる精神科や神経科・心療内科への受診が一般的です。映画でも受診のシーンが自然にでてきます。

ですが、日本ではまだまだ遅れていると言わざるを得ない状況です。
(先進国での自殺者数の数を見れば歴然です。)

詳細はこちらをクリック

あなたが、あがり症・不安感・マイナス思考から解放されたら、どんなにすばらしいでしょう。
想像してみてください。

・みんなの前ですばらしい発表をしてみんなから認められる。
・気になる異性を食事に誘う。
・自然体で外出を楽しむ。
・試験で自分の力を出し切る。
・リラックスした状態で毎日寝る。
・人目を気にせず、自分らしく振舞う。


ある2つのことを知れば、あがり症・不安感・マイナス思考を克服し、あなたらしい、素晴らしい人生を楽しむことができます。

ある2つのこととは、

このマニュアルの理論編
このマニュアルの実践編

のことです。

この2つを知った方たちは、人生を変えてしまっています。

あがり症・不安感・マイナス思考を克服できない多くの方の特徴は、行動に移されないという共通点があります。
本気で克服したいと思われるならば、勇気をだして一歩を踏み出してみてください。


詳細はこちらをクリック


このページは、おおしろ源太さんの 「超あがり症の私でもセミナー講師ができるようになったノウハウ」人前でスラスラ結果を出す人は、こっそり実践している!  人生を変えたい方におくる決定版! の口コミなどの情報を公開しています。




65,089人が成功したプロが伝授するあがり症克服法 金井英之 口コミ

わずか5分でトラウマ・恐怖症が改善できる【恐怖症克服マニュアル】返金保証付き 新田義治 口コミ 効果 感想

対人恐怖を最短で克服するための【KRTプログラム】勝木亮 口コミ

あがり症に打ち勝つ秘策・最短一週間であがり症を克服するトレーニング法 佐藤和信 口コミ

我が子を引きこもりから救う方法 田淵裕二 改善 社会復帰 口コミ




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。